導入事例

自社発電所のご紹介

青森十和田太陽光発電所 1793.4kW
三重白山太陽光発電所 599.04kW
広島三原太陽光発電所 552kW
和歌山紀美野津川太陽光発電所 252.16kW
奈良桜井太陽光発電所 103.3kW
奈良高取第1太陽光発電所 70.2kW
奈良高取第2太陽光発電所 70.2kW
三重白山第1太陽光発電所 63.6kW
三重白山第2太陽光発電所 63.6kW
三重名張太陽光発電所 63.6kW
福島二本松第1太陽光発電所 63.6kW
福島二本松第2太陽光発電所 63.6kW
福島二本松第3太陽光発電所 63.6kW
奈良吉野太陽光発電所 56.16kW
サンベイズ本社屋根太陽光 19.76kW

解決事例

遊休地の有効活用(ゴルフ場、企業の郊外所有地)
山間部などにある遊休地の有効活用は、土地を所有されている企業様やゴルフ場のオーナー企業様などにとって、大きな課題です。サンベイズは豊富な施工事例とノウハウにより、山間部の傾斜地などにおけるメガソーラー設置をご提案。
設計から施工までワンストップで対応、資産価値の高い太陽光発電所物件としてお引き渡しをいたしました。
メガソーラー建設にともなう土木技術の不足
メガソーラーの建設には発電所としての電気技術と、太陽光パネルの安全な設置という土木技術の2種類が必要です。一種のブームのようになったメガソーラー建設においては電気工事を主に行い、土木技術に関するノウハウのない会社による施工事例が多く、土木技術の不足によって強度や安全性への問題が各地で指摘されてきました。
特に十分な調査や知識、経験のないままに造成工事を行ったことによる二次災害の発生リスクは深刻で、幾度となく大きな被害を引き起こしてきました。
サンベイズの強みである土木技術によって、安全性や発電効率に優れたメガソーラーを設計、施工することで施主様のリスクを最小化しています。
太陽光発電所(低圧)(高圧)(特別高圧)の申請、設計および施工
土地の広さや形状、傾斜などの事情により太陽光発電以外の有効利用が難しい土地において低圧(50kW未満)の発電所建設も積極的に進めています。
いわゆる「すき間」の有効活用で、オーナー様にとって長年の課題であった辺境地や狭隘地、傾斜地など条件の悪い土地を資産価値のある発電所にいたします。