工法のご紹介

パイプアンカー工法

地盤を選ばず確かな品質「パイプアンカー工法」

岩盤、軟弱地盤、傾斜地など、メガソーラーの建設地は難工事になる条件のオンパレードであることが珍しくありません。その一方で野立てのメガソーラーは太陽光パネルをささえる杭基礎が安全性の中核を担っており、安全性と長年にわたる発電品質を維持するためには確実な基礎工事が必要です。
サンベイズはこれまでに携帯基地局の設置工事を数多く手がけてきた経験から、同様に難工事になりがちな案件から特殊な機材、高度な技術、ノウハウを積み重ねてきました。
これらの機材と技術を駆使することにより、傾斜地での垂直掘削や複雑な地盤であってもそれを気にせずに杭基礎の施工を可能としました。これをサンベイズでは「パイプアンカー工法」として各案件で活用、高い評価をいただいております。
「パイプアンカー工法」のメリットは、こうした高い技術により作業コストの削減や納期の短縮といったお客様にとって直接的なメリットにもなっており、サンベイズはメガソーラーのさらなる普及を促進する核心的技術としてご提案いたします。

カタログダウンロード