サンベイズの強み

再生可能エネルギーに対する意識の高まりや環境ビジネスの成長にともない、メガソーラーの需要は全国各地で急増しています。しかしその一方でメガソーラーを基礎から確実に施工し、高い発電性能を獲得するための技術の不足が指摘されています。
特にメガソーラー建設における安全性の確保は災害時の対策も含めて重要性が叫ばれており、土木と電気それぞれの技術をあわせもった施工が求められます。
株式会社サンベイズは携帯基地局など情報通信インフラの施工を通じて土木と電気の両方に精通した担い手として、設備面と技術面それぞれで着実に成長を遂げてきました。そのサンベイズに何ができるか、何をしたいのかというメッセージをお伝えいたします。

地盤を知るサンベイズ

株式会社サンベイズは情報通信インフラを手がけるプロフェッショナル集団です。光ファイバー通信網や携帯基地局の整備・設置業務を通じて豊富な技術とノウハウを蓄積しており、これがメガソーラー(太陽光発電所)建設やメンテナンスの技術的バックボーンとなっています。
なぜなら、特に携帯基地局を設置する場所は山の上など電波が届きやすい場所に設置する必要があり、地盤が複雑であったり、傾斜地であったり、軟弱地盤であったりと決してよいとは言えない条件であることが多く、難工事となりやすい共通点があります。
サンベイズはこうした難工事を数多く手がけた経験と特殊な機材、そしてこれらを駆使する技術により、メガソーラーでは一般的な形式である野立ての太陽光パネルの設置において「パイプアンカー工法」を確立、携帯基地局と同様に複雑で多様な条件になりがちなメガソーラー建設において高度な技術を有しております。

土木と電気を知るサンベイズ

サンペイズがもつ強みにおいて、もうひとつの大きな柱は「土木で電気を知る会社」であることです。メガソーラー建設には土木と電気に関する高度な技術が求められますが、「発電所」という言葉のニュアンスのためもあってか、これまで多くのメガソーラー施設が電気工事を強みとする会社に手がけられてきた傾向があります。
しかし、メガソーラーはとても規模の大きな「建築物」です。地盤を知り、土木を知る技術的バックボーンがないと、肝心の足元が確かなものではなくなってしまうことがあります。洪水や台風などの災害時にメガソーラーが破損した、もしくはメガソーラー建設のために堤防が決壊してしまったといった事例が多発しておりますが、これらは確実な土木工事が行われていなかった可能性が高いと指摘されています。
土木を知り、電気を知るサンベイズ。一つの会社がこの二つに精通していることの重要性や価値は、「窓口が一つのワンストップサービス」であることも含めて、工事が完了して時間がたてばたつほど大きくなります。
サンベイズのこうした技術に対する評価により、他社が手がけたメガソーラーに対するご相談をいただくことも多くなりました。
次世代を担う再生可能エネルギーが人や社会、そして地球環境を豊かに調和するものであるよう、サンベイズはこれからも持てる技術やノウハウを存分に発揮してまいります。

全国に広がるサンベイズ品質とネットワーク

今やメガソーラーは全国各地に建設されており、その発電量は年々増加しています。それにともなってサンベイズの役割も年々高くなっており、常に全国各地でメガソーラー建設を手がけています。
もちろん、今や環境ビジネスの最前線となった福島県においても案件を手がけており、環境ビジネスという私たちにできる方法で震災からの復興をお手伝いさせていただいています。
大規模施設の建設に必要な施工管理技士の有資格者を多数擁し、全国各地の現場で活躍中です。こうした業務を通じてサンベイズでは全国規模の技術者ネットワークを構築し、お客様のご期待にお応えできる態勢を確立しております。
不動産やゴルフ場などのオーナー企業様からも多くのお問い合わせをいただいております。日本全国のどこからでも、メガソーラー建設のことならサンベイズまでお気軽にご相談ください。

技術者集団としてのサンベイズ

数多くの施工管理技士が活躍することで、サンベイズは技術者集団として成長することができました。お客様からは「まじめな会社」「まじめな人が多い会社」だという評価をいただくことが多いのも、一人一人の技術者が高い意識と自覚を持って仕事に取り組んでいるからだと思います。
技術力、解決力、ノウハウ、経験…こうした価値はすべて技術者が生み出すものばかりです。サンベイズはこれからも人が生み出す価値をそのまま企業価値として評価していただける会社であり続けるよう、努力してまいります。